前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

7年後の私ですか。

今週のお題「2020年の私」

たぶん死んでは、いないと思いますが、一人で何しているでしょうか。

年金をもらいながら、ほそぼそと自分独りだけの生活を送っているはずです。

人は年齢を重ねると、不満をふくらませる人もいるし、これまでの人生に感謝する人もいる。

今働いている老人ホームには痴呆の方も多いですが、いつも不満を口にしている人。

ただ静かに車椅子の上でいつも、ここは何処ですかと尋ねる人。

たぶん意識は常人と変わらないと思いますが、体が動かないので諦めるしかない人。

いろんな人がこのホームで生活しておられます。

しかし自分はこんなに金のかかるホームには入れないでしょう。

なぜなら、自分には僅かな年金しか収入がないのですから。

これまでに、どれほど多くの人がこの地上に生を受けて、そして死んでいった。

夏の線香花火のように。

これからは自分の好きな様に生きることにします。

 

 

広告を非表示にする