下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

お題は「姉妹・兄弟」だそうな。

今週のお題「姉妹・兄弟」

まずだれでも、自分の兄弟姉妹を思い出すでしょう。

一人っ子の人は思い出すまでもないわけだ。

僕は上に姉が二人、なので、三番目に僕が生まれたときは親は喜んだみたい。

チヤホヤされて育ったところもあるので、未だに成熟していない。

だから、わがままで、勝手なところがあると自己分析している。

子供の頃の姉妹・兄弟と大人になってからの姉妹・兄弟は少し違う気がする。

もちろん結婚して、それぞれにパートナーがいるから当然の話しだ。

なので少し疎遠になったような気がする。

今までと違って少し遠目から、眺めているようなそんな関係かも。

かと言って、完全に他人のような関係でもないし。

小さい時に一緒の釜の飯を食ってきたということ。

また同じ親のDNAを引き継いでいるということ。

そう言う関係で成り立っている姉妹・兄弟。

うーん、もう深く考えるの嫌になってきた。

 

そんなことより、東京オリンピックが決まった。

宮崎駿が引退。

ソッチのほうが興味あるし。

地方に住んでいる僕としては、東京オリンピックというものはどうでも良かった。

でも僕の息子がゼネコンに就職するかもしれない。

もし、そうなるととても忙しくなるのかな。

体を壊したりしないだろうかなんて、遠い先のことを意味もなく心配したりする。

この場合、姉妹・兄弟ではなく、親と子のはなしだけど。

次の今週のお題は、親と子にしてください。

 

今の会社をやめます。

というより、辞めさせられました。

また来月になったら自由人に戻るので詳しく書きましょうか。