前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

今週のお題

今週のお題「名前」と言われても困る。

自分の名前のこと?

たぶん、この日本の中に僕と同じ名前の人は少なからず存在するはず。

実際、自分の周りでも一人だけど、同姓同名の名前を聞いたことがあるし。

そのとき、僕のほうが年上だったから、こっちのほうが元祖謹製なんだぞと言いたかった。

でもね、これまで僕より年上だっていたはずだし、自分の名前なんてコピー商品でもあるわけだ。

でもこれまで生きてきて、この自分の名前に結構振り回されてきたような気もする。

突然、自分の名前が多くの人の中で呼ばれたとき、やっぱりちょっと驚くし。

自分と他を判別するためのひとつの道具でもあるし。

福島原発の作業員たちはあの白い防護服を着ているけど、誰が誰かわからないと仕事もできないので、背かなに大きく名前が書いてあるのをニュースで見ました。

どうなんだろうか、ある程度仲間内で仕事をするようになると、山ちゃんとか、友くんとか気安い名前を書いてもよさそうだ。

レストランが込んでいたりするとき、席が空くまで入り口のノートに順番に名前を書くことを強制させられる場合がある。

そのときに、苗字を神と書きます。

するとウエイトレスが神様~!と呼んでくれます。

そうです、僕が神様なんですといったような気分で席につけます。

仏でもいいかもね。

友人が神様で、僕が仏様。

ウン?、ちょとまて、仏様って亡くなった人を指すのでちょっとやめましょう。

王はどうですか?でも王様って呼ばれないでワン様だったら俺は犬か?

おわり。

 

 

広告を非表示にする