前期高齢者でヤモメの下流老人の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

意外といい仕組みかも?

今の老人の中でも結構いい額の年金を手にする人もいるのだろう。

人様の年金額を詮索してもしょうがないけど。

経済的に恵まれた老人が老いたら、有料老人ホームの世話になると思う。

そしてその老人の介護をするのが、薄給で働く若者たちやおばさんたちだ。

老人は長生きすればするほど、年金の受け取り期間も長くなる。

何をしなくても、ただ生きているだけで、年金を消費できる。

その年金の一部を手にした若い人たちが家庭を持ち家族を育ててゆく。

ここにひとつの有益な経済のサイクルが成り立っている。

老いてなお、お金を溜め込んでもその金は死んだ金。

だったら有料老人ホームに入居して若者の力になってほしいものです。

これから団塊の世代の老人が寿命を迎えてゆきます。

そうすると、これまで国が支払っていた年金も減少してくるでしょう。

いま財政の危機を訴えているけど、政治がその方向に動かないということは、たぶんこの現象を待っているからなのでしょうか。

あの、東北大地震でも多くの老人が亡くなりました。

それと同時にその方々へ支払っていた年金も要らなくなったはず。

きっとお役人たちはその辺の計算もして、未来の日本の財政を考えているのでしょう。

国民の目に触れないようにしながら。

 

 

 

広告を非表示にする