前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

発信してみるということ。

僕はいったい何者なのか。

僕の居場所はどこにあるのだろうか。

あっちに首を突っ込んだり、覗き込んでみたり。

ちょこっとだけ書き込んでみたり。

その場限りの呟きを。

もっと自分の頭で考えたことを、しっかりと表現できないのか。

あっちにふらふら、こっちにふらふら、まるで酔っ払いの千鳥足。

真剣なブログサイトも定まらない。

SNSも何を使うか決められない。

どこかでつながりを求めながら、つながりが太くなるのをためらっている。

いったい何をしたいのかもわからない。

日頃の憂さや愚痴をつぶやいてなんになる。

ネットが人を幸せにするとでも思っているのか。

ただの社会の延長上にあるだけのツールでしかないのに。

それに何を期待する。

もっと前向きで創造的なものを作って発信したいものだ。

 

 

広告を非表示にする