前期高齢者でヤモメの下流老人の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

一つ前の記事について

寛大な心と許す心がテーマのこのブログ。

そのブログの持ち主が、過去の暴力を許せないと書いている。

ここは矛盾していると、書いてから思った。

じゃあ、その暴力や体罰を許せるのか?

と聞かれたらやはり許せない。

どうにかして許す方法はないものか、考える。

時間?

昔はそうゆう時代だったから、で許せるか?

僕がそのことを許せるとしたら、僕の器は大きいいのか。

許せないと固執するなら、僕の器は小さいのか。

僕の心の器が大きいか、小さいかでそのことに何の意味があるのだろうか。

自分は自分、他人からどう見られようが意味のないこと。

ただ自分に対して、正直に許せるかどうか。

許せる、許せないという二者択一でもあるまい。

どこまで許せるか、といった程度問題でもある。

ブログテーマとは違うが、世の中には許せないものもある。

まったく、ほとんど、だいたい、少しは、許せるものもある。

デジタルではなく、アナログです。

 

広告を非表示にする