前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

巣立ちの準備

今日は娘の新生活のために自転車を注文した。

届くのはいまのうちに届けてもらって、それを組み立てるのは僕の仕事。

組み立てが終わったら、試乗したりして慣れてもらう。

それが済んだら、2つに折りたたんで新生活の場所に届けるつもり。

先日、片道6時間かけて部屋の鍵を受け取りに行ってきた。

往復で12時間かかった。

そのことを同僚に話すと、すごい根性だなぁと言われた。

そうか一日12時間ぐらい運転をする行為は、根性があるとみなされるんだ、。

まだまだ、元気があるから大丈夫だ。

娘の巣立ちが終わったら、次は次男の巣立ちが待っている。

次男の入る寮を下見してから、必要なものを揃えるつもりだ。

寝具や電気スタンドなど。

寮の場合はそんなに準備はいらないと思う。

でも娘の場合は電化製品も含めて大変だ。

一緒に二人ともがこの春巣立つなんて、思っても見なかった。

ひとり親だから、忙しいけど仕方が無い。

そして、そのあとは自分一人だけの静寂が待っている。

一人で三人のこどもを育ててきたのに比べたら、どれほど暇になるだろうか。

恐ろしいような静寂が待っているのだろうか。

でも、なってみないとわからないことだ。

 

広告を非表示にする