前期高齢者でヤモメの下流老人の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

2011年、私の3大ニュースですか。

今週のお題「2011年、私の3大ニュース」
時系列で行くと、最初は長男が中国に1年間留学することになったこと。
次は父親である僕に緊急雇用対策の仕事がやっと見つかったこと。
最後は、来年のことだけど長女も次男もこのうちを出てゆくことがほぼ決まったこと。

強いて付け加えるなら、この父親が還暦を迎えて僅かばかり年金を受給したこと。
広いネットの中を見ても、年金をもらいながら三人の子供を育てている父子家庭なんてない。
やっともらえるようになった父子家庭への児童扶養手当
これも年金をもらえるようになったがために、支給停止となった。
年金と児童扶養手当とは性格が違うじゃないか。

でもそんな老人の父子家庭なんて、他に存在しないから見向きもされない。
民主主義は多数決の原理で成り立っているのだから。
仕方ないことと諦めるしか無い。

広告を非表示にする