前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

サンタクロースさん

今週のお題「サンタクロース」
サンタクロースから何を類推できるか。

この世の中には、すべての事象を簡単に分別できない。
善悪の判断とかにしても。
でも誰かがやらなければならないこともある。

例えば裁判とか。
グレーのままでは済まされないことも悲しいけどある。
この問題と、サンタクロースとどうつながるか。

それは、嘘ということだ。
子供の頃に、嘘つきは泥棒の始まりとか、聞かされた。
嘘を付くことはいけないことだと。

閻魔大王にベンチで舌を抜かれるとか。
しかし、大人は子供に大きな嘘をついてきた。
それがサンタクロースの存在だ。

この場合、何故か嘘が許されてしまうのだ。
その理由が、子供の夢というものだ。
子供の夢を壊すことより、嘘をついたほうがいい。
そうゆうことになる。

だから嘘という犯罪も、許される時があるということだ。
では、殺人という行為も許される時があるのか?
実はあるのです。

まず戦争という状況下に於いては許されます。
も一つあります。
国家が行う死刑という殺人も許されます。

しかし、我々は方法によって、この2つの殺人を犯さなくてもいい社会を作れます。
その気になればできるのです。
努力してみようではありませんか。

広告を非表示にする