前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

変革とか改革

企業というものは常に変化しなくてはいけないと言われている。
むかしの老舗でも、保守的になってはやがて淘汰される。
そういう意味で変化することは大事なのではないだろうか。

で、それを政治に例えたら間違いになるのか。
日本の政治は、首相がコロコロ変わる。
言い換えるなら、常に変化を求めて実践している。
その変化が激しいと悪いことなのだろうか。

淀んだ水はすこしずつ腐るかも知れないが、急流の水は腐らない。
ある意味日本の政治は他国に比べて、進みすぎたのかも知れない。
これほど変化するなら腐る暇はない。

めでたし、めでたし。

広告を非表示にする