前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

観音様のプリンターが壊れた。

先日娘が僕に話した。
お父さんに話しても絶対に怒らない?
怒らないなら話すからと。

そして怒らないと約束して、話を聞いた。
すると、家のプリンターで名刺をつくろうとして紙詰まりをさせたらしい。
そしてその紙を取り除いたのらしいが、プリンターが動かなくなったとのこと。

まぁ、壊そうとして壊したわけじゃないし怒っても仕方ない。
そう思って僕が修理しようとしたが、エラーが出てどうすることもできなくなった。
エラーのナンバーは6000番だけど説明書にはどこにも書いてない。

仕方なくサービスセンターのホームページで修理を依頼して現物を送った。
数日して連絡が来て、結局今の新しいものと交換することになった。
宅配の送料まで入れると、約1万円ぐらいかかる。

価格ドットコムで調べると同じものが6千円ぐらいで買えるではないか。
ちょっと納得できないけどもう返事をしてしまったし仕方ない。
保証も修理という扱いだから3ヶ月分しかないらしい。

メーカーは観音様。
やっぱり世間の言う通り、プリンターはインクと修理で儲かっているみたいです。
インクも今までのものは使えないから、純正インクなら等価交換するという。
でもこの等価交換は、販売店に持っていけがいいのかサービスセンターに送るのかわからない。
そんなことは何も書いてない。
この観音様はどう評価するべきなのか考えあぐねているところだ。

広告を非表示にする